角田信朗・ボディビルで国内でも初出場・初優勝

 空手家の角田信朗(55)が10日に大阪市内で開催された
「2016年ボディビルフィットネス選手権大会」に出場し、
国内デビュー戦で初優勝の快挙を成し遂げた。

これは昨年9月の「日本グアム親善 ボディビル選手権」での
初出場初優勝に続く快挙!

3a238237.png

空手家、タレントそして格闘技でのレフリー等活躍の場は非常に
多い角田氏だが、今回のボディビルへの挑戦は、本気も本気だ。

 「思い出作りでやっているんじゃない。『勝ちたい』じゃなく
『勝つ』と宣言してやっている」と並々ならぬ決意で、男子
マスターズ50歳以上級と男子75キロ超級にエントリーした。

昨年優勝したグアム大会での調整法を再度分析し、トレーニング
の強度を維持しながら、故郷の熊本県から取り寄せた良質の馬肉
を連日1キロ食べ毎日200グラム減量するという新たな調整法
で大会に挑んだ。

角田氏程の勝負師になると、「最初からゴールを決めて、そこに
到達するには・・・。」と、非常に明確な勝利へのステップを
構成して、必ず各ステップを踏破してゆく……そのエネルギー
が半端ではない。

トレーニングに於ける凄みを感じてしまうのだ。

 この大会で午前中に行われた子マスターズ50歳以上級には
20人が参加した。

順調に予選をクリアした角田はこのクラスで見事優勝し、その後
の各年代別優勝者から選ばれるオーバーオールの部でも優勝に輝いた。

これで9月に開催される日本マスターズ選手権への出場資格を獲得した。

7f2e8417.jpg

 ボディビル歴わずか1年での初出場初優勝の快挙に会場は沸いた!
祝福の嵐の中で角田氏は
「勝つと決めて頑張ってきた。やることは全てやった。苦しかった
だけに、この結果はうれしい。ほっとしています」とその喜びを
語った。

熊本地震で、故郷を勇気づけようと熊本に出かけた
角田氏の書いたブログを読むと、素晴らしい彼の
感性が見えて来る。

元気を届けたいと出かけて来たのに、何故かあちこちで
泣けてしまう……とつづられている。

こんなに素直な人なので、ご褒美の優勝を頂いたのでしょう。

この記事へのコメント

スポンサードリンク