自動運転での事故の責任はどこにあるのか

自動運転での事故の責任はどこに有るのか?

米テスラ・モーターズの主力車種「モデルS」が半自動運転
のオートパイロット機能での走行中に衝突事故を起こし、
運転手が死亡していた問題で、あらためて現段階での
自動運転機能が完成の域にほど遠いことが浮き彫りになった。

t01_s.gif

そもそも向かってくる車の横方向ターンは緊急自動ブレーキ
の対象外だった。

これは、交差点でこちらが直進、対向車が右折して来るケース
である。(米国では対向車が左折のケースである) 対向車が
どのタイミングで右折するのか?は厳密には予測不可能である。

自分の車が交差点に入る前に右折するかも知れないし、あるいは
自分の車が交差点を通り過ぎてから右折するかも知れない。

このため、自動運転に、この両方のケースを入れ込む事は、理論的に
不可能である。 自分の車は、前進するか?止まるか?のどちらかを
判断しなくてはならないのだから。……


 この死亡事故を受けて、これまで自動運転などの先進的な安全技術
に対し比較的静観の立場を取ってきた米運輸省道路交通安全局(NHTSA)
も、7月中に自動運転車に対する試験のガイドラインを出し、規制強化
に動くとの観測が高まっている。

 これまで、自動運転はグーグルやテスラが中心となり、
「人間の運転より安全で、交通事故を減らせる」とそのメリット
が主張されてきた。

おおまかなコンセプトを言えば、グーグルは人間の介在しない
完全自動運転のほうが安全だと主張している。

一方テスラは、半自動で、自動運転からマニュアルに切り替え
られる方がいいとの主張である。

 今回の死亡事故について、テスラは6月30日に公式ブログで
「累計1億3000万マイル(約2億900万km)のオートパイロット
運転走行で初の死亡事故」と、その頻度の低さが統計的にも
裏付けられている点を強調しつつ、事故自体が、衝突相手の
大型トレーラーを検知しにくい極めて特殊な状況下で起こった
ことを理由に挙げている。

 事故について、テスラのブログでの説明では、モデルSが
中央分離帯のある幹線道路を走行中、対抗してきた
大型トレーラーが左折した。

モデルSと直角方向に道路を横切った時に、トレーラーの側面に
モデルSが突っ込んだのだという。


maxresdefault.jpg
「オートパイロットとドライバーはどちらも、晴れた青空が
背景だったため大型トレーラーの真っ白な側面部分を認識できず
ブレーキが作動しなかった。

トレーラーの車高が高いという極めて珍しい状況が重なって、
モデルSはトレーラーの下を通る形になり、トレーラーの底部が
モデルSのフロントガラスにぶつかった」と説明している。

 ただ、モデルSのオートパイロット用に画像処理・検知
ソフトウエアを提供しているイスラエルのモービルアイ(Mobileeye)
側の説明は、これとは異なり、そもそも現行のモデルSには、
この衝突事故のような状況を回避できるような技術は装備は
なされていないという。

「現行世代の緊急時自動ブレーキ(AEB)は(前方車両の)
後部への衝突回避用と定義され、そのように設計されている。
今回の事故は車両の横方向からの侵入が関わり、現行のAEBは
それに反応できるようには設計されていない」
(モービル・アイ広報責任者ガルベス氏)。

 さらに同氏によれば、モービルアイのシステムには2018年から
「進路を横切る横方向のターン(Lateral Turn Across Path=LTAP)」
を検知する機能が加わり、欧州で実施されている自動車安全テスト
(Euro NCAP)の自動車安全性能評価に2020年から盛り込まれる
予定だとという。

 今回の衝突事故で亡くなったオハイオ州カントン在住でITコンサル
会社の経営者、ジョシュア・ブラウン氏は、オートパイロットでの
運転映像をユーチューブに多数アップしていたことで知られていた。

中でも、ハイウエーでのオートパイロット運転中に、左側のレーン
から突然前に割り込んできた小型トラックをモデルSが機敏によけた
映像は自慢だったという。

 事故の減少が期待される自動運転といえども、事故を100%なくせる
かと問われれば、「100%とは言えない」というのが正直な答えだろう。

何故ならば、人のする動きの可能性は無限であるから、予測出来ない
部分が必ず有るからだ。

実際に事故が起こった場合、事故原因の分析をしてみると、自動運転
による事故は運転手の過失が原因なのか、システム上の欠陥によるのか、
それともサイバー攻撃が発端なのか?

余りにも、原因の可能性が広がってゆく為に、原因の特定が
更に複雑怪奇(失礼)なものとなってゆくだろう。

 今回、死亡事故が発生した米テスラの事例をみても、
自動運転技術の優位性が強調され過ぎて運転手を注意力散漫な
状況に誘導した可能性が認められれば、メーカーの責任だ
となる可能性もある。

ただ、これだけは言える。「100%信頼出来る」と自分自身が
確信出来るもので、事故に逢ったのならば、あきらめも
つくが、「どうかな?」と思いつつ、自動運転にお任せ
したのでは、やっている事がチグハグである。

「自動運転」の事故の責任は、基本的には、「それを使う」
と決めたユーザーに有る。というのが私の持論である。

だから、私は、極力絶叫マシーンには乗らない。優れた
工場内の機械設備でも、「チョコ停」と呼ばれる
「原因不明の故障、異常」は年間に数回は起こる。

絶叫マシーンよりも遥かに優秀なシステムでさえもそうなの
だから、誰が設計、施工したかも解らないマシーンに自分の
命を預けるというのは、「怠慢だ」と思うからである。

「考えればわかる事を考えない」という怠慢だと。

この記事へのコメント

スポンサードリンク