佐々木希・『ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~』

モデルで女優の佐々木希・テレビ東京ドラマ
『ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~』(7月22日スタート)
にフリーライターの役で出演。

w342c-e_1974241.jpg

伊原剛志が主演するこのドラマには、毎回マドンナ的な
ワケあり美女が登場していく。これは『男はつらいよ』や
『釣りバカ』シリーズをほうふつとさせる

このドラマは、原宏一氏の小説『ヤッさん』(双葉文庫)が原作。
宿無し男二人が、「食のハイエナ」とも言うべき輩をやり込めて
ゆく痛快喜劇である。

0a5a3_1223_4a211d40_ba81e48a-m.jpg

伊原剛志演ずるヤッさんは、宿無し、無一文ではあるが、何故か食に
関しては、天才的な舌と知識を持っている。

一方で、IT企業に就職はしたが、転落の人生を過ごして来てやはり
宿無しになってしまった青年・タカオ(柄本佑)が銀座で、路頭に
迷っていた。

gegege_tasuku-300x300.jpg

この二人は偶然に出会う。そして、ヤッさんに連れられて行った築地
市場や高級ホテルで、ヤッさんが確かな舌と食の知識や情報で対価を
得ていることを知り、タカオは弟子入りを懇願する。

次の日からヤッさんと行動を共にするようになったタカオは、美食に
舌づつみを打ちながら食の知識を習得していく。

ヤッさんの昔なじみの韓国料理店の女主人・オモニ(板谷由夏)や
そば店を営む橋田(里見浩太朗)の元を出入りするようになり、
ヤッさんの素性も少しずつ明らかになっていく。

sec_img_01.jpg

今回のマドンナとなる佐々木が演じるのは、雑誌ライターのミキ。
美人でオシャレで流行にも敏感なミキは、何かと注目を浴びる。

ある日ミキは二人に出会い、ヤッさんの並外れた実力を知るや
「二人がメーンのグルメ企画を作ろう!」と思い付く。

しかし、ヤッさんは大のマスコミ嫌いのため、ミキは
「タカオを利用しよう!」と、読者獲得のための作戦をあれこれ
と仕掛けてゆく。

飾らない人情ドラマに、一流の食の技と知識が刻々と現れる
このドラマは、それだけ見ていても、楽しい。

そこに、佐々木希を皮切りに、マドンナが毎週登場するのだから
かなり、観客の、目と胃を捉えてしまいそうだ。

この記事へのコメント

スポンサードリンク